キャッシングで50万以上借りる注意点!※おすすめ金融

50万以上のキャッシングには総量規制も意識すべき

キャッシングで50万以上のお金を借りたい方はいくつか注意すべき点があります。まず収入の低い方は総量規制を確認してください。

個人向けのフリーキャッシングには、総量規制という貸金業法上の規定が適用されます。この総量規制とは収入による借り入れ制限のことで、年収の1/3が借りることのできる上限です。総量という名称の通り、1社からだけでなく、全てのキャッシングを合計して年収の1/3が上限額となっています。

50万円以上を希望すると、この総量規制に引っ掛かってしまうことが少なくありません。

例えば年収が200万円の場合には60万円(キャッシングの限度額は10万円単位の為)が借りることのできる上限額となります。よって、この年収で70万円の希望では総量規制をオーバーしてしまうので、そのままでは契約することができません。

既に他社を利用している場合は、その限度額と合わせて総量規制の範囲に収まらないといけません。年収が300万円の人が既に他社と50万円の限度額で契約を行っていると、2社目以降は合計して50万円までの利用になるという訳です。

【注意点】収入証明書が必要になります

50万円ちょうどまでの希望時には原則的に必要になりませんが、50万円を超える金額を希望する場合は申込み時に収入証明書の提出が必要になります。

収入証明書は公的にその人の収入を証明できる書類のことで、源泉徴収票や課税証明書、税額の通知書などが利用されます。50万円を超える金額の申込みを行う際には、必ずこの収入証明書を用意しておきましょう。

また、他社との合計額で100万円を超える場合にも収入証明書が必要になります。それぞれ30万円の限度額で2社と契約をしている人が3社目に50万円の希望で申込みを行うケースなどがこれに当たります。

※収入証明書が必要
50万を超える融資を希望する場合
他社との合計額で100万円を超える場合

 

初回の利用では50万以上は難しいかも

キャッシングの審査では信用情報を参照しますが、これまでにキャッシングの利用経験が全くない人の場合、いきなり50万円以上の契約は行えないことが多いと思ってください。

これは総量規制とは関係なく、そのような人は業界では信用情報がホワイト(信用情報に何も借り入れ情報がなく綺麗だという意味)と表現しますが、このホワイトに該当する人は他社からの借り入れもないと同時にキャッシングの返済をしたこともないからです。

もちろん他社からの借り入れはない方がいいのですが、返済もしたことがないので、そのような人はどこまで信用できるか分かりません。この理由から、ホワイトの人には最初は30万円程度を貸せる上限とすることが多く、多くても50万円ちょうどまでだと考えておいた方がいいでしょう。

最初は30万程度、多くても50万しか借りれないかも

それより多く借りたい場合には、ある程度の返済の実績を積んでから限度額の増額を希望してください。これには最低でも半年程度の利用経験が必要になります。

その間に返済の遅延などのトラブルが一切なく、経験が充分だと判断されれば総量規制に引っ掛からない範囲で増額が認められることでしょう。

まとめ

50万円以上の借り入れを行うには、収入証明書の提出が必須になります。また、最初からそのような高額の希望は通らないことがほとんどなので、最初は多くても50万円が上限だと考えておいてください。

それ以上を借りたい場合には、少なくとも半年程度の利用経験を積んでから増額を申し出てみてください。