キャッシング金利の各社の違い!金利の安い消費者金融と注意点

キャッシングするなら金利の安い業者で借り入れしたいですよね。各金融の金利を調べるときは、必ず知っておかないと損をするポイントがあります。

今回は簡単にわかる金利の見方と、おすすめの金利が安い消費者金融を紹介します。

キャッシング各社の金利の違い

それほど大きく変わる訳でもありませんが、消費者金融では各社によって金利の差というものが存在します。大手各社の金利の違いを挙げてみます。

金利 限度額
プロミス 4.5~17.8% 500万円
モビット 3.0~18% 800万円
アイフル 4.5~18% 800万円
アコム 3.0~18% 500万円

モビットとアコムは最低金利が3.0%と低くなっていますが、これはこの2社の最高融資金額が800万円までと高くなっている為です。

この最低金利は最高融資金額まで借りた場合のみ適用される数字で、800万円を借りない限りこの最低金利にはなりません。プロミスとアイフルでは4.5%が最低金利ですが、最高融資金額が共に500万円までなので、実質的な最低金利は4社とも同程度だと考えていいでしょう。

キャッシングで500万円や800万円といった高額を借りることはそうはない為、最低金利での比較は実は大した意味を持ちません。逆の最高金利で比較するべきです。

最高金利は主に100万円未満の限度額での契約時に適用されるもので、そのような契約が大半を占めることもあり、最高金利こそ実質的な金利だと言ってもいいでしょう。

最低金利に目を向けてみると、プロミスだけが17.8%と他の3社より0.2%低くなっているのが分かります。つまり、プロミスの金利が実質的には一番お得だといえます。

最高金利こそが実質的な金利!つまりプロミスが一番お得と言える

 

プロミスでキャッシングする注意点はある?

安い金利を説明するスタッフ金利重視なら基本的にはプロミスを利用すれば問題ありません。あえて注意点をあげるとしたら、プロミスは無利息サービスを利用する際に、申し込み後にネットからその手続きをする必要があるということです。

これを忘れると無利息サービスが適用されません。プロミスでは自動的に無利息サービスが適用されるわけではないことは知っておきましょう。もちろん数分で手続きすればいいだけの話ですが。

そして、この0.2%の金利の差は10万円の借り入れ金額に対して1ヶ月の実際の金利で約15円の違いになります。このように、それほど大きく変わる訳でもありません。

この違いをそれ程度だと考えるのであれば、プロミスより近くに店舗があれば、アイフルやアコムを利用してもいいでしょう。もちろん金利は少しでも低いに越したことはありませんが、それだけが全てという訳ではありません。

金利で大きく変わる訳でもありません

500万円までの範囲であれば、上記の4社はどこを利用しても実質的な金利がそう変わるということはないので、神経質になりすぎることはありません。800万円まで融資を行っているアコムとモビットでも、プロミスとアイフルで上限となる500万円の契約時には4.5%程度に落ち着きます。

例え1円でも金利が低い方がいいと考えるのであればプロミスがベストです。ただ、契約後の利便性を考慮した上で選択することも大切です。

特に手数料が掛からないATMが近くにあるという点は、実際に利用すると一番大きなポイントになってきます。消費者金融は金利だけでなく、そこも調べた上で選択してください。

キャッシング金利のまとめ

いかがでしたか?消費者金融は金利だけを見るならプロミスが一番です。

ただ、それほど大きな差はないので実際の利便性も考慮して選べばいいでしょう。プロミスは無利息サービスの他に、独自のポイント制度もあってお得なので、迷ったらプロミスを選んでおけば間違いはありません。